fbpx

日本山人参のお茶とパウダーのおすすめの飲み方をご紹介します。

そのまま飲む以外にも、いろんな料理にも使えますよ。

1.日本山人参茶のおいしい飲み方

自家製玄米ブレンドのティーバッグタイプです。

ホットでも水出しでもおいしくお召し上がりいただけます。

1-1.ホットで飲む

  1. お湯を沸かして、沸騰したら火を止める。
  2. ティーバッグを1つ入れる。
  3. 10分待って、ティーバッグを取り出して完成。

余った分は冷やして飲んでもおいしいです。

煮だしすぎると渋みがでるので、火を止めてからティーバッグを入れるのがポイント。

<お湯の量

  • ピンクまたは水色のパッケージ⇒ 700ml
  • 茶色または黒のパッケージ⇒ 1000ml

1-2.水出しでのむ

  1. 水にティーバッグを入れる。
  2. 30分ほどたったら完成。

最初の5分くらいで色が出てきますが、はじめは玄米の味がします。30分弱で日本山人参の味が出てきます♪

<水の量>

ピンクまたは水色のパッケージ⇒ 500ml

茶色または黒のパッケージ⇒ 800ml

 

2.ティーバックタイプのレシピ

ティーバッグタイプのお茶は、フルーツティーにしたり、お菓子づくりに使ったりできます。

また、煮物のダシにも使えます。アミノ酸が豊富だからうまみ成分たっぷり。調味料を減らしても素材の味がしっかり出ておいしいんです。

血圧や血糖値が気になる方は塩分、カロリーオフになっておすすめ。

 

3.日本山人参パウダーの飲み方

パウダータイプは100%丸ごと栄養がとれるので、しっかり効果を感じたい方には特におすすめです。

3-1.そのまま飲む

そのまま抹茶のようにお召し上がりいただけます。

水に溶かしたり、オブラートに包んだり。

ティースプーン1杯を1日3回が目安です。

オブラートでの飲み方はこちら

 

View this post on Instagram

 

こだわりの日本山人参「よりあいファーム」さん(@yoriaifarm)がシェアした投稿

3-2.ヨーグルトやオリゴ糖と

抹茶ヨーグルトのようにお召し上がりいただけます。

味を見ながら、少量から入れてみてください。

オリゴ糖と一緒に食べると、乳酸菌がさらに増えるので、腸内環境におすすめです。

 

4.日本山人参パウダーのレシピ

パウダータイプはちょっと苦いですが、抹茶のようにいろんな使い方ができます。

抹茶のレシピ通りに作るときは抹茶の量の7割くらいで作るとちょうどいいです。

バジル代わりにドレッシングを作ったり、お肉にかけるのもおすすめ。胃がすっきりして、食べすぎた後にもおすすめ♪

 

よりあいファームの商品一覧